<私の小論など>

 ・20120106up シンポジウム「向精神薬の使用状況の現状と課題−臨床現場の処方はいかにあるべきか」における発表記事 Medical Tribune 2012年1月5日

 ・20111229up 自記式質問票の乱用? こころの科学 No161 2012年1月

 ・20111123up 認知行動療法もDisease mongering の観点から検討すべき? 精神科治療学 編集後記 26(11)、2011 

 ・20111023 精神疾患と身体合併症 精神科治療学 特集にあたって 26(10)、2011

 ・ 20110718up 主治医以外の意見を求めた方がよい時(抜粋) こころの科学 No152 2010年7月

20110630up 特集にあたって(特集:歯科・口腔外科をめぐる心身医学) 心身医学,49(10),2009

・ 面接ではわからないが自記式質問票ではわかる? こころの科学 巻頭に No158 2011年7月

・ 
認知行動療法の隆盛に思う こころの科学 巻頭に No155 2011年1月

・ 
Disease mongering と 面接 精神科治療学 編集後記 25(11)2010

・ 
精神科医の臨床能力と後期研修 精神科治療学 編集後記 24(10)2009

・ うつ病におけるプラセボ効果  心身医学 編集後記,50(8)2010年8月
 
・ 
「のませやすい認知症治療薬」と倫理 こころの科学 巻頭に No152 2010年7月

・ 精神科医の研修と実力 精神科治療学 編集後記 24(10)2009

・ 面接の透明性 こころの科学 巻頭に No148  200911

・ 偏った情報の中で こころの科学 No145 2009年5月

・ 向精神薬の「警告・禁忌・使用上の注意」 精神科治療学、24(7)2009年、特集にあたって

・ 精神科、心療内科の入院治療 心身医学,49(3)20093月,編集後記

・ 歯科心身医学・心身医学・リエゾン精神医学 サイコ・デンティストリー(和気裕之著)推薦文 20092

・ リエゾンも地域連携もバトル 精神科治療学 編集後記 23(12)2008

・ これまでの治療に問題はないのですか こころの科学 巻頭に No142  200811

・ 第2学年主任就任挨拶 北里大学医学部ニューズ No297 20089

・ 
うつ病といってもさまざま カルナの豆知識(取材記事)2008年6月 

・ 精神科医療における地域連携 MED.magazine No182008

・ 向精神薬の用法・用量外使用を考える 精神科治療学 特集にあたって 21(5),2006

・ 職場のメンタルヘルス講演は適切か こころの科学 No137 20081

・ うつ病診療の混乱 日本医事新報 No4362 200712

・ 「うつかなまけか」が問題になる人 こころの科学No135 2007年9月

・ られた医療資源の中で ふれあい(北里大学東病院) No114 2008年夏号

・ 自由と責任 こころの科学 巻頭に No139  20085

・ 面接と立場 こころの科学 巻頭に No136  200711

・ 新規抗精神病薬の添付文書の説明 精神科治療学 編集後記 22(6)2007

・ 職域のうつ病診断は適切か こころの科学 巻頭に No133  2007年5月 

・ 第26回社会精神医学会を開催して 日社精医誌 16:39-47,2007

・ こころの医療の病診・病病連携 こころの科学 巻頭に No130  200611 

・ 添付文書・治験・薬品情報 老年精神医学雑誌 巻頭言 178) 20068

・ 小・中学校教師のメンタルヘルス こころの科学 巻頭に No127  20065

・ 向精神薬の用法用量外使用を考える  精神科治療学 特集にあたって 21(5) 2006

  うつ状態とうつ病診断の変遷  こころの科学 No125  2006年1月

・ 社会不安障害という診断名の意義  精神科治療学 編集後記 20(12) 2005

 心因性疼痛と線維筋痛症  痛みと臨床 436-437 54),2005

・ ADHD、PTSD、うつ病 こころの科学 巻頭に No124  200511 

・ 薬害エイズ事件と治験責任医師  精神科治療学 編集後記 20(4) 2005 

・ 定年後の居場所 こころの科学 巻頭に No120  2005年3月  

       必須薬をさぐる   精神科必須薬をさぐる(宮岡等編)序  200411月 中外医学社

       精神療法の副作用  こころの科学,No11720049月,”巻頭に”

・特別企画:向精神薬療法の限界  こころの科学 No116,2004年7月,日本評論社,編集にあたって


・ 精神科の試練 こころの科学 巻頭に No114 20043 


・ 医療面接としての精神科面接 神奈川県精神医学会雑誌 巻頭言 54(1),2004

・ 「あなたもうつ病」キャンペーン?  こころの科学 巻頭に No111 20039

・ こころの医療のすそ野は広がったが・・・ こころの科学 巻頭に No108 2003年3月

       飽食の時代 −学会、雑誌、薬の数− 精神医学,44(10)200210月,”巻頭言”


特集:強迫 こころの科学 No104,2002年7月,日本評論社,編集にあたって


      
患者さんの立場に立って考えよう−学年主任挨拶−  医学部ニューズ,2002年4月30日

・ マスメディアと精神科医  こころの科学,No10220023月,日本評論社,”巻頭に”

・ 新薬と医療費  精神科治療学,16(12)13682001,編集後記 

・ 
特集:うつ病治療の最前線 こころの科学,No972001年5月,日本評論社,特集にあたって

・ 卒後研修と読むべき論文の選択  
精神科治療学,15(1)1282000、編集後記 

       精神医学と常識 こころの科学,No9320009月,日本評論社,”巻頭に”

・ 心療内科と精神科の対話−新しい世代で−  心身医学,40(5)20006月,巻頭言

・ コンサルテーション・リエゾン精神医学のこと  北里大学東病院  NEWS,No14619999

・ 
特別企画:心療内科 こころの科学 No84,1999年3月,日本評論社,編集にあたって

       「卒後教育−DSM、生物学的研究など−」 昭和大学精神科同窓会誌:第2号1998


最初のページへ


Powered by
FC2携帯変換

閉じる

inserted by FC2 system

 

inserted by FC2 system